Adult-Oriented Punk!

+ UUIDに関するメモ

last mod.2020/05/08 

Linux 上のハードディスクのデバイスIDとUUIDに関するメモ。
2010/12/8

最近のLinuxの /etc/fstab には /dev/sda1 とか書かないみたいです。
sd{a,b,c,d} が、起動時のBIOS認識順で毎回変わってしまうからだとか。
で、アナコンダさんが作ってくれた/dev/fstab には UUID=... とか書いてある。
なんじゃこれ?と思って調べてみた。

良ページ発見。

リンク備考
Linux のヒント: ブート時に rootfs を見つけるIBMのドキュメントサイト。

ただし、上記ページのUUIDに関する記述はちょっと古いようです。最近は blkid コマンドで出力される UUID を/etc/fstab に書くのが流行りみたいです。

リンク備考
blkid(8)

まとめると、HDD を追加するときはこんな手順。

Linux をシャットダウンしてからHDDをつないで起動。
起動したら、つないだHDDを探す。/dev/sdb だったとして、

# fdisk /dev/sdb
して、パーティションを切る。

切ったパーティションに対して
# mkfs.ext4 /dev/sdb1
# mkswap /dev/sdb2
とかでファイルシステム切る。

ラベルでの指定にするなら、
# e2label /dev/sdb1 MYLABEL
# swaplabel /dev/sdb2 MYSWAP
とかでラベルつけて、
/etc/fstab には
LABEL=MYLABEL	/opt			ext4	defaults	1 2
などと書く。

UUIDでの指定にするなら、blkid コマンドで UUID 調べて
# blkid /dev/sdb1
/dev/sdb1: LABEL="MYOPT" UUID="a0b318e9-6f86-4e7f-b4ae-53ffa452ad34" TYPE="ext4" 
と出たら、
/etc/fstab には
UUID=a0b318e9-6f86-4e7f-b4ae-53ffa452ad34	/opt			ext4	defaults	1 2
などと書く、と。